代表陣が語る・ラフィスの歴史

ラフィスの歴史

創立10周年を迎えた株式会社Dcrews
大阪・難波店からスタートしたLafith hairも、現在では約80店舗まで展開し日本各地で愛される店舗へと成長中。
Lafith hair groupを始めメンズサロン、カラー専門店、アイラッシュサロン…
まだまだ勢いは止まらない。共同経営者4名の想いとは!?所属スタッフに向けての熱いメッセージ!
ついに語られる、 創業からの『想い』と『歴史』を紹介いたします。

ラフィスの歩み

ー『俺らで会社作ろう!』とまだまだ駆け出しの高卒美容師二年目の美容師4人で、大阪の居酒屋 和民蛍池店でお酒を飲みながら、山口が話したのが始まりでした。それからいろんな出来事がありながらもそれぞれ東京、大阪で経験を積み、常に熱い想いを抱き続け、2012年12月09日、遂に待望の1号店、難波『ラフィスヘアールーム』が誕生しました。

そして、オープン時には4人ともお店を出すという目標よりも、よりたくさんの人から必要とされる人になるためには、より多くの人を豊かにできる会社はどんな会社なのか?という、壮大な使命感を抱き創業した記憶があります。

そこからはもう毎日、毎日、目の前のお客様を絶対笑顔で帰すプライドとLa fithで働いてくれてるスタッフを豊かにするというプライドだけを胸に、常に全力で行動していました。そこは今も変わらずずっと持っている大切な信念です。

経営理念ができるまでのエピソード​

ー経営理念に関してですが、上記でお伝えしたように私たちがお店でお客様を施術する上で、会社を経営していく上で、大切にしていることは何か?
より多くの人から必要とされ、より多くの人を豊かにし続けるためにはどうすればよいのか? を考え、議論し続け、出したものが現在も変わらぬ弊社の理念です。
会社としての成長も当然ですが、美容業を行う上で毎日沢山の人と関わる美容師だからこそできる社会貢献があると考えています。世の中の人々が笑顔でイキイキできる世界を作るためには、月に一回関わるビューティシャンの存在から世の中を豊かに平和にできると考えています。
関わる全ての人と永続的に繁栄し続けるための、誰にとっても普遍的な理念だと、我々は考えております。

ラフィスロゴの意味​

ーラフィスのロゴですが、ここにも大切な意味があります。ロゴマークを一つ一つ分解してみていくと∞のマークが八個重なって、中央にきれいな花が咲いたようなロゴマークになっています。
これは人との縁を大切にし、『八』末広がりに広げていけば、無限『∞』の可能性がある。そして一筆書きでかけるマークなのでその縁をつなげた結果、きれいな花が咲くという意味を込めてロゴマークを製作しております。
このロゴマークのように店内でスタッフ、お客様含めて、ステークホルダーの皆さんに笑顔が咲くことを祈っています。

そして近日中にラフィスロゴの入ったTシャツを発売予定なので、乞うご期待ください☆by竹熊

直近の目標

ーgroupとして来年の目標としては、昨対比率130%増の年商40億を目指しております!近年の美容業界全体の成長率104%と伸びてきているデータもあり、まだまだ可能性を感じております。
業界No1を目指す弊社としましては、成長率130%を目指す所存です。簡単に達成できる目標ではありませんがスタッフ一人一人が今年よりもさらに成長し、目標を達成すれば可能な目標だと考えております。
会社の成長とは、関わる全ての人の成長です。スタッフ一人一人が今より多くのお客さま・スタッフに対して、喜びや感動を与えるためには何をすべきか考え、行動した結果が130%成長だと思っています。
『志は常に高く』目標に挑める集団になっていきましょう。

スタッフの皆さんにメッセージ

ーいつも皆さんお疲れ様です。2022年の12月で創業10年を迎えます。ここまで大きく企業として成長できたのは、皆さんの協力と日頃のお客様やスタッフへの想いと行動の賜物だと感じております。ありがとうございます。
創業からの歴史や話をさせて頂きましたが、何より大事なのはスタッフの成長と笑顔だと常に思っております。この気持ちを胸にこれからも志高く高い目標に挑んでいきますので、一緒に切磋琢磨しながら成長していきましょう。
今後も皆さんと末永くよろしくお願いします。
La fith hair team

La fith hair team

本社・事務所